鉄分の重要性

最初に若い人であろうと鉄分と言うのは必要なものです。

もちろん、年配お方なら尚必要不可欠です。

では、鉄分不足だとどのような支障が起きるのか、どの様に鉄分不足を解消すれば良いのかを紹介し皆さんの役になればと考えています。

鉄分不足だと、やる気や、だるさ、どんよりした気持ち、立ちくらみなどが挙げられます。

女性の方だと生理の量が多いなど、月に2回、3回と生理がくることがあることもあります。

他にも、朝が弱い人などの挙げられます。

そしてこの記事を見てそうなりたくない、ならないための予防を紹介します。

どの様にして解決、予防すれば良いのか

まずは食生活から改善して見ましょう。

食事は1日3食規則正しく食べ、偏食・減食・欠食はなおしましょう

これは、必要以上のダイエットや食事ぬき(特に朝食)が、思春期や女性の貧血の原因になっています。
インスタント食品の多用にも注意が必要です。

毎食、主食・主菜・副菜などを組み合わせ、栄養素をバランスよくとるようにしましょう

・主食 炭水化物を多く含む食品(ご飯・パン・めん類など)

・主菜 良質たんぱく質を多く含む食品(魚介類・肉類・卵・大豆製品など)

・副菜 ビタミン・ミネラルを多く含む食品(野菜類・海そう類など)

・その他 乳製品・果物類を適量とりましょう

そして鉄分をよく含んでいるのがレバー、あさり、納豆、生揚げ、ほうれん草、小松菜、
ひじきなどがよく知られている食材です。
それに伴って吸収を手伝ってくれるのが、ビタミンCや、醤油、酢は、吸収率アップにつながります。

逆に摂取してはいけないのは、玄米。ただし、発芽玄米は大丈夫とのこと。ほかにも、お茶やコーヒーに含まれるタンニン、乳製品に含まれるカルシウム、納豆も鉄の吸収率を下げてしまいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中