サポニンとは?

高麗人参といえば色々な効果が得られるものとして有名です。

例えば、冷え性・貧血・立ちくらみ、血液と心臓の病に良いとされています。

それはサポニンが関わっているとされています。

サポニンとは


水に溶かして良く混ぜると石鹸のような安定した泡を作ることからラテン語の石鹸を意味する「サポ」から名前がつきました。また天然の界面活性剤とも呼ばれています。

植物の根、葉、茎などに含まれていますが、特にマメ科の植物に多く含まれています。サポニンには苦味があり、コーヒー抹茶の苦味が代表的です。サポニンの様々な効果は植物の種類によって異なり、健康づくりやダイエットへの効果が期待できるものとされています。

肝臓訴求

サポニンの効果


  • 抗酸化作用

  • 免疫力向上

  • 肥満予防

  • 血流改善

  • 肝機能の向上

  • 咳、痰を抑える

サポニンが多く含まれる食品


大豆・大豆製品などのマメ科の植物。高麗人参・田七人参・お茶・ごぼう・アマチャヅルなどの植物です。

 食事から摂取しやすいものは大豆や大豆製品やごぼうです。大豆サポニンは高野豆腐、大豆、生揚げ、がんも、油揚げ、おから、豆乳、ゆば納豆ですが、1番多くサポニンを含んでいる食品は高野豆腐です。

CALOBYE+

サポニンとは?” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中